ホーム >>  ブログの環境設定 > カテゴリの設定

カテゴリの設定

ブログの記事を分類する「カテゴリ」の使用方法を解説します。

カテゴリとは、共通の話題を持った記事の分類です。記事を整理するためのもの。記事の内容に則してカテゴリを整理しておけば、過去ログ(記事)を閲覧する際に利便性が向上します。

カテゴリの設定

カテゴリの編集をクリック

カテゴリの追加、編集、削除、並び順の変更は「カテゴリの編集」ページから行います。

カテゴリの編集をクリック
カテゴリの編集をクリック

カテゴリの編集ページが表示されます。このページでカテゴリの追加や名称の変更、削除を行います。

▲pagetop

カテゴリを追加する

新たにカテゴリーを追加したい場合は「カテゴリの追加」のフォームに追加したいカテゴリ名を入力し、追加ボタンをクリックします。

カテゴリーを追加する

「挿入位置」を指定すると、既存の表示順の中に割り込ませることができます(随時変更は可能です)。指定のない場合は一番下へ追加されていきます。

新規カテゴリの追加は、記事を書いている画面からも直接することができます。
[参照] 「記事の諸設定(1)」

▲pagetop

カテゴリを編集する

カテゴリの編集ページ

既存のカテゴリを管理・編集する項目を順に説明していきます。

# (チェックボックス)
 (チェックボックス)でチェックした項目を一括して編集できます。一覧の下にある[すべて選択]/[選択反転]のボタンで、全項目の選択/解除ができます。
「#」をクリックするとカテゴリ番号(カテゴリを追加した順に振られる番号)に表示が切り替わります。
カテゴリ名
既存のカテゴリ名が表示されているので、そこに入力して[修正]ボタンを押せば、カテゴリ名が上書きされます。
子カテゴリ
「子」のチェックボックスにチェックを入れると、「子カテゴリ」の扱いになります。
件数
そのカテゴリで投稿されている記事の件数です。
フィードアイコンはカテゴリ単位のRSSです。
位置
↑↓でカテゴリの表示順をひとつずつ入れ替えることができます。 プラグイン「カテゴリ(一覧)」で表示される順序です。
移動
1つずつではなく、いくつかまとめて表示順を指定して移動させられます。表示順の数字を入力した後、[移動]のボタンを押して確定させてください。
削除
カテゴリを削除します。カテゴリを削除しても、そこに分類されている記事そのものは削除されません。

▲pagetop

親子カテゴリ機能

■親子式のカテゴリ分類
親子カテゴリとは、より大きな分類の中に小さな項目を付属させることで、関連のあるカテゴリをまとめやすくする方法です。

スポーツ(10件)  
野球(2件) 
サッカー(3件)
 ← 親には従属する子カテゴリの記事件数が合算される 例:5+2+3=10件
 ← 子カテゴリ
 ← 子カテゴリ 

例では、「スポーツ」というカテゴリの中に、より細かい「野球」、「サッカー」といった分類を付随させています。
「スポーツ」のカテゴリーページ(blog-category-XX.html)を開くと、包含している子カテゴリの記事も付随して表示されます。

■記事件数は包含される子カテゴリと合算
親カテゴリの記事件数表示は、包含した子カテゴリのものと合算されます。
たとえば、親カテゴリとなる「スポーツ」自身に属する記事が5件、その子カテゴリである「野球」が2件、サッカーが3件、だった場合、親カテゴリの記事件数は合算して「10件」という扱いになります。

親子カテゴリ設定

■親子カテゴリの設定方法
管理画面の「カテゴリ編集」ページで、「子」の項目にチェックするだけ「子カテゴリ」にすることができます。
(注意:[修正]のボタンを押すまでは確定されません)

チェックを入れなければ、そのカテゴリは自動的に「親」となります。子カテゴリは、最も近接して上にある親カテゴリの子になります。
↑↓でカテゴリの順序を並べ替えることで、別の親カテゴリの下になるように変更できます。

親子カテゴリ設定

このページの上へ
検索

目次
関連外部リンク
携帯電話用マニュアル

モバイルマニュアルのQRコード

Amazon人気商品
Amazon商品一覧