ホーム >>  ログデータを管理する > 過去の記事の管理

過去の記事の管理

過去の記事の管理

[過去の記事の管理]をクリックすると、これまで保存してきた記事の一覧(過去ログ)が表示されます。
記事を個別に開いて編集したり、複数まとめて操作することができます。

  1. 過去の記事の一覧
  2. 記事を編集する/削除する
  3. 記事を一括で操作する

過去の記事の一覧

記事を一覧表示する

1.表示件数とページ移動
記事は時系列に1ページあたり20件ずつ一覧表示されます。
一覧が複数ページにわたる場合には、[ページ送り]が表示されますのでクリックしてページを繰ることができます。
1ページあたりの表示件数を変更する場合は、【1.表示件数選択】で「10件」「20件」「40件」「60件」「80件」「100件」のいずれかを選択できます。
2.条件を指定して表示する
【2.表示条件選択】で、「月別」「カテゴリ別」「ユーザータグ」「状態」ごとに条件を絞って検索することができます
一覧表示したい「投稿月」や「カテゴリ」、「ユーザータグ」や、記事の状態(公開/限定/下書き/予約/期限)のいずれかをプルダウンから選ぶと自動的に、それぞれの条件に適合する記事を表示します。
3.使われている語句で検索
【3.ワード検索】でその記事内で使用されている語句を入力して一覧表示させることができます。「記事タイトル」「記事内容」に含まれていれば表示されます。
4.表示内容を変更する
【4.表示切替】で「#」「日付」「タイトル」「本文/詳細」をクリックすると、表示されている各項目の表示の仕方を、次のように変更できます。
「#」→「チェックボックス/記事番号」
「日付」→「日付のみ表示/日付と時刻を表示」
「タイトル」→「一部のみ表示/全て表示」
「本文/詳細」→「本文を一行表示/本文の要約を表示」
5.実際の記事を確認する
【5.記事の確認】記事タイトルをクリックすると、新規ウインドウでその記事のページが開きます。

▲pagetop

記事を編集する/削除する

記事の編集 / 削除

6.記事の編集

記事を修正する

「編集」をクリックすると、既に保存した記事の編集ができます。
7.記事の削除

「×」印をクリック

記事一覧から、記事を削除するには右側の項目にある「×」印をクリックします。

削除するかどうか確認

「×」印をクリックすると、確認ダイアログが表示されます。OKをクリックすると、既に保存した記事が削除されます。削除した記事番号(blog-entry-X.htmlのX)は欠番となります。

▲pagetop

記事を一括で操作する

8.記事を一括で消去する
【8.選択チェックボタン】でチェックした複数の記事を【9.チェックした記事の一括操作ボタン】で一括で操作を行うことができます。
「全て選択」でそのページの全てのチェックボックスを選択できます。(別のページまでは選択されません)
「選択反転」はその選択した記事以外の記事にチェックを入れる場合等に使用します。「一括削除」でチェックの入っている記事を削除することが可能です。

一旦削除したら復活はできません
どの記事を[削除]しようとしているかは充分注意しましょう。

▲pagetop

■複数の記事を選んで一括操作する。

記事の一括操作

記事の削除だけでなく、記事の状態などの一括操作も可能です。

<設定例>
この例では記事を 公開→下書 にしてみます

チェックする
状態を変更したい記事のチェックボックスにチェックを入れます

複数記事にチェックする
複数まとめて変更したい場合は他のチェックボックスにもチェックを入れます

公開から下書きへ
現在公開状態にある記事です。

次に、管理ページ下部にある各プルダウンメニューで操作します。
プルダウンメニューをクリック
クリックするとプルダウンが展開されます
記事を 公開→下書 に変更します

よければ適用をクリック
適用ボタンをクリックして確定

下書き状態に変更される
記事が一括で下書き状態に変更されました

公開状態の変更以外にも、以下を一括変更する事ができます。

  • カテゴリーの変更
  • 下書き→公開
  • 全体→限定
  • コメント/トラックバックの受付状態
  • 記事内のユーザータグの追加・削除

▲pagetop

このページの上へ
検索

目次
関連外部リンク
携帯電話用マニュアル

モバイルマニュアルのQRコード