ホーム >>  利用上の諸注意 > 広告の表示について

広告の表示について

FC2ブログのテンプレート上に表示される広告について、その表示条件や規定など。

広告タグによって表示される広告
当文中の「(テキスト)広告」とは、テンプレートソース内に設置された広告タグ(独自変数)
<%ad> <%ad2>
によって、各ユーザーのブログ上に表示されるものを指します。
広告が掲載されるページ
広告タグによって、広告が表示される対象範囲は次の通りです。
【PC用テンプレート】
PCページの各ユーザーのブログ上で、全記事表示画面・コメントの確認画面・RSS等のXMLページ等、ユーザー側でデザインを変更できない箇所を除く全てのページ
【携帯用テンプレート】
携帯ページのヘッダーとフッター
【スマートフォン用テンプレート】
スマートフォンページのヘッダーとフッター
広告の掲載位置
【PC用テンプレート】
PCページの広告は、公式テンプレートであればサイドバー、フッター等の位置に表示されます。
公式・共有テンプレート内のHTMLを変更していなければ、テンプレートソース内に広告タグがすでに含まれています。
表示位置(広告タグの挿入位置)について規制はありません。一般的なブラウザでページを表示させた際に、広告が可視になっていれば位置は問いません。
【携帯用テンプレート】
携帯ページのヘッダーとフッターの位置に表示されます。
表示位置(広告タグの挿入位置)について規制はありません。
広告が可視になっていれば位置は問いません。
【スマートフォン用テンプレート】
スマートフォンページのヘッダーとフッターの位置に表示されます。
表示位置(広告タグの挿入位置)について規制はありません。
広告が可視になっていれば位置は問いません。
広告の適正な表示を阻害する行為
テンプレートソース内から、広告タグを意図的に削除する。
テンプレートソース内に広告タグは入っているが、その他のブロック変数内に入れることで、表示対象ページで出力されないようにする。
HTMLの構造やCSSの位置指定などによって、広告を表示領域外に出して除外する。
HTMLの構造やCSSの表示指定などによって、広告を非表示にしたり、重ねて見えなくさせる。
テキスト色と背景色を近似色にする、フォントサイズを極小にするなど、可視性を低減させる。
広告タグを iframeタグ、noscriptタグなどで包含することで、表示されなくする。
その他、広告が表示されるべきページで、適正な表示を阻害する行為全般。

■上記、およびそれに類する行為は規約違反となります。

何らかの欠陥により広告が表示されない

サーバの出力エラー、また公式・共有テンプレートのHTML構造の欠陥により、広告が表示されないことがあります。
意図的に削除したわけではないのに、広告が表示されない場合は、お手数ですが下記のお問い合わせフォームまでご連絡ください。
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=15028

広告表示の免除
FC2では当事者の申請がある場合、一部のブログに対して、広告表示免除の措置を実施しております。
対象となりうるのは、教育関係・公共の福祉に適っている非営利のもの、およびFC2ブログに関して一定の貢献があるブログ(マニュアルブログなど)です。
申請後、審査の上でテキスト広告表示免除の措置を取ります。申請は下記のフォーラムまで返信にて投稿をお願いします。

FC2ブログ ユーザーフォーラム:ブログ広告表示免除について
http://blog.fc2.com/forum_community/topic/12548/26077/

このページの上へ
検索

目次
関連外部リンク
携帯電話用マニュアル

モバイルマニュアルのQRコード

Amazon人気商品
Amazon商品一覧